多要素認証 (MFA) を使用してログインプロセスのセキュリティを強化するための準備を行う場合は、変更への人的側面にも注意してください。変更管理のベストプラクティスとカスタマイズ可能なテンプレートを使用してユーザの MFA を準備します。

変更管理戦略の評価および計画

プロジェクトの準備フェーズ中に実行することを次に示します。

  • MFA の利点と、意図される MFA の実装結果を定義します。
  • リーダーおよび関係者と連携して、MFA のサポート体制を構築します。
  • 変更の影響評価を実行し、MFA についてユーザがどのように感じているかを把握して、採用の潜在的な障壁を特定します。
  • 成功の測定方法を定義します。
  • リーダーと関係者の意識を統一するための変更管理戦略を作成します。
MFA の変更管理について >

ユーザとのコミュニケーション、ユーザのトレーニング、オンボーディング

プロジェクトのロールアウトフェーズ中に実行することを次に示します。

  • MFA に関してユーザとコミュニケーションやコラボレーションを行うための Slack チャンネルまたは Chatter グループを作成します。
  • すべての拠点をカバーするプロジェクトスケジュールを作成して、軌道に乗せます。
  • MFA が導入されることをユーザに通知して MFA の機能を示すための簡単なキャンペーンを実行することで、コミュニケーション計画を開始します。
  • MFA が本番稼働したときのログイン方法をユーザが理解できるようにユーザをトレーニングします。
  • MFA の検証方法の登録時にユーザをガイドするオンボーディング資料を作成します。
ユーザの MFA の準備について >

成功の測定およびユーザのサポート

プロジェクトの管理フェーズ中に実行することを次に示します。

  • ユーザのフィードバックを取得してユーザの満足度を測定します。
  • MFA の使用パターンと総計値を監視して問題がないか確認します
  • 問題が発生したユーザをサポートし、運用を維持します。 
  • 成功総計値を分析します。
  • 学んだことを活かして、その後のロールアウトフェーズの変更管理プロセスを繰り返します。
MFA の管理について