不審なメールまたは活動の報告

フィッシング詐欺は、不正なメールを使用して、ユーザが機密情報を漏らすように仕向けます。通常、このようなメールは正当な組織から送信されたように見え、その組織のサイトのように見える場所へのリンクを含んでいる場合がありますが、そのサイトは実際には情報を取得するための擬似サイトです。

Salesforce から送信されたように見える不審なメールを受信した場合は、必ず Salesforce セキュリティに転送してください。このような報告は、詐欺を特定して停止するのに役立つほか、不正な活動のトレンドを認識したり、予防的なセキュリティ対策を改善したりするのに役立ちます。

不審なメールを報告する >

潜在的な脆弱性の報告

インターネットセキュリティでは、独立したセキュリティ調査員が貴重な役割を果たします。当社は、当社のサイトまたはアプリケーションで見つかる可能性のある脆弱性について責任を持って報告することを奨励しています。詳細は、責任ある開示のページを参照してください。

PGP キーを使用してメールを暗号化する >

セキュリティの懸念事項の報告

Salesforce は SaaS (Software-as-a-Service) および PaaS (Platform-as-a-Service) のリーディングプロバイダとして、環境とお客様のデータを保護するための標準の策定に取り組んでいます。セキュリティの懸念事項を報告して当社と連携してください。

懸念事項を報告する